女性の薄毛は成長ホルモン不足?!10人に1人は悩んでいる女性の薄毛対策

悩む女性

はらぺこまん

最近髪の分け目がハゲてきた気がする…。
前髪がへった気がする…生え際がスカスカ(泣)

女性でもハゲるのかな?(不安)

はらぺこまん

これ以上ハゲが進んだらどうしよう?
これ以上薄くなったらみんなにかわいそうな目で見られる?どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 女性の薄毛の原因と対処法
  • ホルモンバランスをコントロールし薄毛を改善する方法

私も産後ハゲを経験し、40代になった今、また前髪や分け目の薄さが気になりはじめたので対策をし始めています。

私の産後ハゲは生活改善とストレス解消で良くなりましたが、治るまでの1年はとても長く、辛い日々でした。

産後ハゲも女性の薄毛も女性ホルモンや成長ホルモンに大きく影響されます

今回は女性の薄毛の原因のひとつである、成長ホルモンや女性のホルモンバランスについてご紹介します!

はらぺこまん

一緒に薄毛を乗りこえよ~

女性の薄毛は抜け毛?細毛?女性薄毛の主な原因は?

女性の薄毛は男性の薄毛と違い原因が多く複雑ですが、ほとんどの場合男性のようにすっかりツルツルにはならないので安心してください。

大半の薄毛女性は抜け毛ではなく細毛になってしまっているだけです。

髪が細くなってしまっているんですね。

髪が細くなる原因も栄養不足や生活習慣、食習慣が乱れているなどたくさんありますが、男性との違いは女性は毛根が生きていることが多いので、治る!可能性が高いということです。

女性の薄毛の原因の1つはホルモンである

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)による体質的なもの、遺伝的なものが大半です(AGA:男性型脱毛症)

女性の薄毛は、高齢になるにつれ女性ホルモンが減り相対的に男性ホルモンが優位になることで起こる脱毛が半数を占めていると言われています。(FAGA:女性男性型脱毛症)

40代以降の発症が多く、症状としては髪の毛全体が細くなり、部分的に薄くなるのではなく全体的に薄くなっていくという特徴があります。

この場合、男性のように髪が完全に無くなってしまうわけではありません。

しかし全体的にボリュームが無くなるためセットも決まらず、鏡に映る姿が残念な印象だと感じてしまう女性も多いようです。

そして、女性の薄毛の原因はこれだけではありません。

女性の薄毛の原因

  • 加齢
  • 出産・ピルの服用
  • ストレス
  • ヘアケア
  • 食生活(ダイエットなど)
  • 脱毛症(※)

たくさんありますね。

しかし、自分でなんとかできる要因も多くありますのであきらめてしまうのは早いです。

次項で 詳しくご説明しますね。

※脱毛症は病気の可能性もあります。詳しくはのちほど別記事でご紹介します。

女性の薄毛の原因のひとつは成長ホルモン不足だった

髪の毛を活き活きさせるためには成長ホルモンは欠かせません。

よく子どもの背を伸ばしたいなら22時~2時の間に寝かせろ!

なんて言われていますが、まさしくこれが成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯なのです。

しかし、不規則な生活が続くと成長ホルモンの分泌が減り髪の成長が遅くなります。

  • 成長ホルモンを最大限に出すなら22時から2時の間に寝る!

ここからは、成長ホルモンを効率よく分泌させるにはどのようにしたら良いのかご説明します。

成長ホルモンを効率よく分泌させる方法【生活習慣の見直し】

大人も成長ホルモンの分泌が大切です。

ここからは成長ホルモンの分泌を効率よく増やす方法をご紹介します。  

良質な睡眠を取る

成長ホルモンは睡眠中に分泌量が増えます。

この成長ホルモンのゴールデンタイムともいえる22時~2時の間に、いかに深い眠りについているかがカギになります。

なぜ深い眠りが必要なのか?

深い眠り(深睡眠期)というのはからだも脳も休んでいる状態です。

要は、揺り動かしても大声をかけても起きない状態の時です(ノンレム睡眠)たたき起こさないと起きないときですね。

一方浅い眠りの時はレム睡眠と呼び、からだは休んでいるが脳は半分起きているような状態のことです。

質の良い睡眠をとっている人は、このレム睡眠・ノンレム睡眠が約90分毎に繰り返され、この周期を4~5回繰り返しています。

22時から2時の間にノンレム睡眠をしていれば、成長ホルモンがしっかり分泌されるといわれています。

ホルモンバランスが崩れて肌荒れがひどいあなたに。
1日分が60円というお試しモニターです!
始めて購入者だけの特典は返品保障も180日!この機会お見逃しなく!

質のいい睡眠をとるためには…

  • 規則正しい生活を送り体内時計を整える
  • 自律神経の乱れを整える
  • 睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの分泌量を増やす

睡眠ホルモンメラトニンは暗い場所にいる時に分泌量が増えます。

深睡眠はメラトニンによって起こります。

したがって寝る前のスマホやパソコンなどはなるべく避け、ゆったりした気持ちで布団に入ることをおすすめします。

ストレスとうまく付き合う

ストレスは精神だけでなく毛根も壊れます…。

ストレス

ストレスは自律神経やホルモンバランスを崩してしまいます。

ストレスにより過度の飲酒やタバコなどの習慣がある女性も、それが薄毛の原因になっている可能性があります。

過度な飲酒

過度な飲酒により、体内でアルコールが分解される時に必要な、髪の毛の成長に欠かせないアミノ酸が使われてしまいます。

タバコ

タバコも薄毛の原因になります。

ニコチンが血管収縮作用があるため、当然頭皮の毛細血管も収縮し血流が悪くなります。

髪の毛への栄養分は血液で運ばれるため、喫煙は頭皮の栄養状態を悪くしてしまいます。  

肝臓や肺の為にも、これを機にタバコの本数やお酒の量を減らすことを検討してみても良いと思います。 

はらぺこまん

私はキッチンドリンカー。でも薄毛を治すために止めたよ。半年間1滴も飲んでないよ!

食生活の見直し

髪の毛はたんぱく質からできる

髪の毛は食事から摂ったたんぱく質が体内でアミノ酸に分解されそのアミノ酸が合成してできた「ケラチン」が8割を占めています。

ケラチンを生成するために必要なアミノ酸が豊富な青魚やささみ、大豆製品、チーズなどの食事を積極的に摂るのをおすすめします。

ダイエットなどで栄養不足になっている場合も薄毛の原因となります。
(薄毛改善にはこのレシピ、以下の記事も参考にしてみてください)

サムゲタン 韓国料理は育毛効果抜群?薄毛女性の為の韓国レシピ!揃えるのは4つ【サムゲタン編】

寝る前3時間は食事を摂らない

はらぺこまん

はらぺこまんムリ~(><)

寝る前に飲食をしていませんか?

せっかく早めに寝ても、インスリンが血中に残っているうちは成長ホルモンは分泌されません。

インスリンは上がった血糖値を下げるホルモンです。

成長ホルモンをしっかり分泌させたいのであれば寝る前3時間は何も食べないことです。

仕事や環境によって厳しい方も多いと思いますが、できるだけ気をつけて、どうしても食べる場合は血糖値が上がりにくい食事(低GI食品)を取るとなど工夫しましょう。

筋トレしよう

筋肉を鍛えると痛んだ筋肉を修復しようと成長ホルモンが分泌されます。

高強度の持久力運動や無酸素運動(筋トレなど)は成長ホルモンを200倍!も増加させるそうです!

厚生労働省のe-ヘルスネットとは

みなさんは厚生労働省のHPを見たことはありますか?

厚労省のHPに成長ホルモンと運動の関係の記事が掲載されています。

 他にも生活習慣病や食生活、歯科、禁酒・禁煙などなど健康対策に関する詳しい情報が掲載されています。

気になる方はぜひ見てみてくださいね。

e-ヘルスネット

ホルモンバランスを整えるには食生活や生活習慣の改善が必須です。

 くりかえしになりますが、生活習慣が整うと髪の育成に必要な成長ホルモンもしっかり分泌されるようになります。

あきらめずにまずはできることから積極的に見直していきましょう。

具体的に何からはじめれば良いかわからないという方にはこちらがおすすめです。

まとめ

今回は女性の薄毛の原因の中でも重要な成長ホルモンと薄毛のご説明をしましたがいかがでしたか?

 女性の薄毛問題は深刻です。

髪は女の命とはよく言ったもので、髪の毛のセットが決まらないだけでその1日が憂鬱になってしまうのに…薄毛なんて信じられませんし、本当に辛いですよね。

私も20代の頃に産後ハゲを経験し、また40代になった今、分け目や前髪のボリュームのなさに恐怖を感じています。

早い人は20代からある女性の薄毛の悩み。

特に30代40代の女性は育児や仕事で忙しい世代でもありますので、規則正しい生活をするのは難しいかもしれません。

しかし、髪のためにもできることから少しずつでもはじめてみましょう。

成長ホルモンをしっかり分泌させ、髪に良い生活ができますように。

MEMO

間違った対策を続けてしまい、薄毛が悪化する可能性もあります。

自分で判断できない時は、ぜひ皮膚科やネットでの無料相談、ヘアケアクリニックなどに相談してみてくださいね。

特許成分成長ホルモン(HG)ペプチドが配合された髪のサプリメントです。
髪の成分ケラチン・コラーゲンペプチド・髪の成長に欠かせない亜鉛・ビタミンE・黒ショウガ末などが入っており、生え際が気になってきた方、産後の薄げに悩んでいる方におすすめです。一人で悩まないでくださいね。